天然の歯と遜色ないインプラント治療の人工歯|最新治療を行なう歯科

安全性の高い金属

歯医者

体の中に人工歯根を埋め込むインプラント治療は、体内に金属を入れることとなるため、金属アレルギーを持っている人ですと不安を覚えるでしょう。金属アレルギーとは、主に鉄などの金属イオンが体内に取り込まれることで、体の免疫細胞が過剰に反応する症状です。インプラント治療は、顎の骨に金属でできた人工歯根を埋め込む治療法であるため、金属アレルギーを持っている人ですと継続的にアレルギー症状に悩まされるようになるのでは、と考えるでしょう。また、アレルギーを持っていない人でも、常に金属イオンが体内に取り込まれれば免疫が過剰反応する場合もあります。金属アレルギーを持たない人でも、ある日いきなりアナフィラキシーショックを起こすことも考えられます。意識の喪失や呼吸停止を招くため、命の危険に晒されてしまうのです。歯科が行なうインプラント治療では、このような金属アレルギーによる症状にも対処しているので、アレルギーを持っている人でも安心して治療が受けられます。

歯科で使用されるインプラント用の人工歯根は、金属の中でも非常に安定した構造をもっている金属が利用されます。チタンなどの金属であれば、長期間使用したとしても腐食されることはなく、さらにアレルギー症状も引き起こさないので、安心して使用ができるでしょう。チタンなどの金属は、腐食されにくい性質から金属イオンが発生しづらいのが特徴です。アレルギーの元となる金属イオンが体内に取り込まれないので、金属アレルギーを持っている人でも問題なく治療が受けられるのです。