天然の歯と遜色ないインプラント治療の人工歯|最新治療を行なう歯科

誰にでも治療ができる

歯型

広島にある歯科クリニックの歯医者は、最新の設備を使用してインプラント治療を行なってくれます。インプラント治療は、非常に高度な技術力を必要とする施術です。歯医者の腕だけでなく、使用する設備も最新のものであれば、安心して手術を受けることができるでしょう。一般的にインプラント治療は、顎の骨が薄い場合治療ができないとされています。インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込み、固定させる施術ですが、顎の骨が薄い状態ですとインプラントで埋め込んだ人工歯根が外れてしまう可能性があります。そのため、どの歯科でも事前にレントゲンやCTスキャンを行ない、顎の骨の厚みから治療が可能かどうかを調べるのです。顎の骨が薄い人であれば、インプラント治療は諦めなければならないと多くの人は考えますが、広島の歯科クリニックでは顎の骨が薄い人にも治療を行なってくれます。歯医者が骨の移植手術によって厚みを補うため、顎の骨が薄い人でも問題なく治療を受けられます。

顎の骨が薄い人へ、広島の歯科クリニックは自家移植での骨の補強手術を行ないます。体の軟骨の一部を削り、顎の骨に移植することで、顎の骨の厚みを改善することができるのです。人工骨の移植に比べ、自分の骨であるため拒絶反応もないので、誰でもインプラント手術を受けることができます。多くの人が広島の歯科クリニックで治療を希望しているのです。

顎の骨の薄さだけでなく、顎の骨の幅が狭いため、インプラント手術を断られてしまう人もいるでしょう。広島の歯科クリニックでは、こうした人にもスプリットクレストと呼ばれる手術でインプラントができる状態にしてくれます。歯医者が最新の超音波切削機を使って顎の骨を削るため、幅が狭い人でも問題なく治療ができるのです。